憧れの飲食店オーナー!飲食店開業に必要な物とは?

食器の数はどのくらい必要になるのか?

席数より多めの食器数を!

料理を提供する際、備品の中で最も大事な「食器類」。
席数と同じだけ用意すれば充分というわけでもなく、昼食時など時間帯で満席になると食器を洗う暇がなくなってしまう場合もあります。
また、長期間使用しているとどうしても劣化してしまう為、すぐに替えの食器を用意することもむずかしくなります。
目安として席数の1、5~2倍は用意しておくと安心です。
食器類は料理の見栄えにも影響するので特にこだわりたい!とつい気合いが入ってしまい、予算との折り合いから数を少な目にしてしまうと予想以上の来客で食器の数が足りなくなる事態に陥ってしまいます。
お客様に料理が提供出来なくなるだけでなく、いらぬ混雑をも招いてしまいます。
あまり多すぎても普段の収納に困ってしまうので適切な数を把握するよう心がけましょう。

調理器具にも目を向けましょう

食器の他にも料理をする際の調理器具も準備しておきましょう。
包丁やフライパンなど調理によく使われる器具はもちろんですがウォーターピッチャーなど店舗によってはあまり使わない物も多数あります。
状況や調理によって必要な器具を把握しておけば器具の費用を抑えることも出来ます。
何が必要なのか項目をリストアップしておくと自分だけではなく共に働く従業員にも分かりやすくなります。
また、冷蔵庫や調理台などの大型設備は居抜き店舗の設備を利用するという手段もあります。
同じ業種の居抜き店舗ですと、新しく設備を整える必要もなく前店舗の設備をそのまま使えることもあります。
新しい設備を揃えたいけど費用がきびしくて…といった場合は視野にいれてみるのもよいかもしれません。


この記事をシェアする