憧れの飲食店オーナー!飲食店開業に必要な物とは?

許可証は何がいるの?開業に必要な書類とは

「食品衛生責任者」と「防火管理者」

実際に飲食店開業する際に最も必要な書類は「食品衛生責任者」と「防火管理者」の2点です。
調理師免許は飲食店開業においてはもちろんあった方が良いですが必ずしも必要な資格ではありません。
飲食店を開業するためには「食品衛生責任者」の資格が必須となります。
こちらは製造だけでなく食品を販売する際にも必ず配置しなければならない資格となっています。
また、飲食店開業について必要な資格を調べると、「食品衛生管理者」についても出てきますがこちらは名前が似ていますが別の資格となりますので混同しないよう違いを調べておきましょう。
また、「防火管理者」については収容人数30人以上の場合は必要となります。
この収容人数とは従業員の人数やお店の状況、建物自体によっても基準が変わってしまうため、自分の判断で決めつけずに必ず消防署へ相談に行き、必要な場合は届け出をしましょう。

業務形態によって異なる必要書類

おしゃれなバーを経営したいけど昼間はパンケーキや手作りパンもメニューに加えたい…となった時に、バーとして経営するための申請とは別に菓子製造許可の申請が必要になります。
食品を取り扱う許可証はその品目に合わせて数も多く、一般的なカフェやレストランでも深夜を過ぎての酒類販売やパン、菓子類を取り扱う際に取得する資格が異なります。
万が一、届け出をせずに営業を開始してしまうと罰則により罰金を支払うことになってしまったり、何よりお店の評判に多大な影響を与えてしまいます。
食品を提供する上で衛生面や管理を怠ると営業する上で支障が出てしまいます。
自分の店舗で何を提供するのかを明確にし、不安なことがあれば事前に保健所や各役所へ相談しましょう。


この記事をシェアする